AGAの対策として健康な髪毛を促す方法と抗癌剤

髪の毛は毛穴の奥にある毛包という組織でつくられています。
毛包のさらに奥には毛球という組織があり、毛乳頭や毛母細胞で構成されています。
毛母細胞では、栄養素や酸素が毛細血管から届けられ、それらをエネルギーにして細胞分裂を繰り返すことによって、髪の毛が伸びていきます。
毛乳頭では、毛母細胞が分裂するのを制御しています。
髪の毛の成長スピードは、一日でおよそ0.35ミリメートルで、一ヶ月の間におよそ1センチメートル伸びることになります。
髪の毛には、軟毛と硬毛の二つに分けられます。
軟毛は30マイクロメートルより直径が小さく、色素が少ないので、薄い色の髪の毛になっています。
人間の髪の毛は赤ちゃんから思春期に成長していくのに伴って、軟毛が硬毛に変化しツヤが出て太くなっていきます。
髪の毛はおよそ十万本生えているとされていて、AGAでなくても自然に一日およそ五十本から百本ぐらいの髪の毛が抜けます。
髪の毛にはそれぞれ寿命があり、抜けては、また生え変わります。
この循環をヘアサイクルといい、成長期から退行期を経て休止期に至り、また成長期を迎えます。
このヘアサイクルの中でも成長期のときが最も長く健康な状態であれば、およそ二年間から六年間ぐらい続くことになります。
ところがAGAの症状がある方は成長期の期間が短くなってしまうので、充分に髪の毛が成長できません。
健康な髪毛を促すには頭皮マッサージや栄養バランスのとれた食事などで頭皮の環境を整えることが大切です。
抗癌剤や抗癌剤以外の医薬品を使うことによって、びまん性脱毛が急速に進行することがありますが、この脱毛のメカニズムはAGAとは根本的に異なるため、AGAと同じ対策を行っても効果が現れないことが多いです。
抗癌剤などによる脱毛の症状については癌治療を行っているお医者さんに相談するのが良い方法です。