AGAの原因の抑制と治療薬の詰め替えについて

AGAは遺伝子の影響を受ける事からも遺伝すると言われています。
薄毛の症状が起きた場合、自分の薄毛がAGAか否かを確認するためには遺伝子検査が必要になります。
遺伝子検査を可能にしているのはAGA専門病院などであり、検査を受けて症状が特定されることでプロペシアと言う発毛剤とミノキシジルと言う育毛剤が処方されて治療を進めて行くことになります。

プロペシアやミノキシジルと言うのは何れも医薬品であり、医師の指示に従って服用もしくは塗布する事が重要となりますが、プロペシアなどの錠剤を入れるケースなどに詰替えを行う場合には必ず男性が行う事が大切です。
その理由は、プロペシアは男性に対しての作用が在りますが、女性の場合はそれが大きな副作用として現れる可能性が高く、妊娠中もしくは妊娠の可能性が在る女性が服用する事で胎児の男性機能を低下若しくは停止させてしまうと言った恐ろしい副作用を引き起こすからです。

また、服用するだけではなく、錠剤に触れる事でもリスクが生じると言われており、詰め替えなどを行う場合には男性が行う事が大切だと言う事です。

プロペシアは発毛効果を期待する事が出来る医薬品ですが、この薬を服用する事で抜け毛を作り出している強制脱毛ホルモンのDHTを抑制させる働きが在ります。
DHTはヘアサイクルを乱す性質を持つ男性ホルモンであり、毛周期を狂わせることで伸び始めた髪の毛を途中で脱毛させてしまい、それが重なる事で薄毛の症状が悪化します。

しかし、DHTを抑制する事で毛周期は正常な状態に戻ることになるため、脱毛を防止する事に繋がって来ます。

尚、DHTと言うのはテストステロンと5α-還元酵素が結びついて変換された強制脱毛ホルモンであり、プロペシアは5α-還元酵素を阻害する作用を持つAGAの特効薬です。