AGAの原因な5αリダクターゼに対策するヘアケア

5αリダクターゼと、皮脂腺や毛乳頭にある酵素のことで、テストステロンという男性ホルモンと結合して、ジヒドロテストステロンというAGAの原因となる男性ホルモンに変化します。
1型5αリダクターゼは、AGAに影響を与えない皮脂腺にある酵素でニキビを発生させることがあります。
2型5αリダクターゼは、髪の毛の毛乳頭という髪の毛の発育に大きな影響を与える組織にたくさん存在しAGAの原因となります。
2型5αリダクターゼの働きを抑えるAGA治療内服薬がありますが、女性がこのAGA治療内服薬を服用してしまうと妊娠したときに胎児に影響を与えるリスクが高まります。
そのため女性はAGA治療内服薬による薄毛の対策は行えません。
女性が5αリダクターゼの働きを抑えるために効果的なヘアケアは、亜鉛やノコギリヤシを摂取することになります。
亜鉛やノコギリヤシは普段の食事で摂ることができるため、妊娠したときに胎児に影響を与えずに5αリダクターゼの働きを抑えることが可能になります。
亜鉛の成分はレバーや牡蠣、チーズなどの食品に豊富に含まれています。
ビタミンB2やビタミンB6が含まれている食品を摂取することも5αリダクターゼの働きを抑えるのに効果があります。
そして、みかんやアロエの皮に含まれている成分の中にも5αリダクターゼの働きを抑える効果があることが分かっています。
亜鉛やビタミンB2、ビタミンB6などを豊富に含んだ髪の毛や身体に良い影響を与える成分を摂取ことが大切なヘアケアの方法になります。
ノコギリヤシは普段の食事で摂ることが難しいのでサプリメントで摂るのも良い方法の一つですが、できるだけ普段の食事からヘアケアに有効な成分を摂取したほうが安心です。