AGAに年齢は関係あるのか否か

男性型脱毛症をAGAと呼んでいますが、AGAと言う薄毛の名前は近年メディアなどで宣伝が行われている事からも注目されている薄毛の一つになっています。

テレビコマーシャルなどではAGAはお医者さんで治せると言った広告を見かける事が多いかと思われますが、薄毛には色々な種類が在るのが特徴で、薄くなったからと言って必ずしも男性型脱毛症でもあるAGAとは限りません。

因みに、AGAの特効薬でも有名なのがプロペシアと呼ばれている医薬品になりますが、最近はプロペシアと同等の作用を持つ医薬品やプロペシアのインド製ジェネリック医薬品と言った治療薬を、個人輸入代行を行っているネット上の通販サイトで購入が出来るようになっているので便利なのですが、プロペシアなどには男性機能を低下させると言った副作用が生じる可能性が在ると言われており、安易に利用する事が懸念されているのが特徴です。

尚、AGAと言うのは20代から30代にかけての若い男性に多くみられる薄毛であり、年齢を重ねる事でその症状が悪化する事になるのが特徴です。

AGAは強制脱毛ホルモンが毛周期を乱すことで生じる薄毛であり、ヘアサイクルを正しくしなければ全ての毛が抜け落ちてしまう恐れもある進行型の薄毛です。

そのため、20代で生じた場合、そのままにしておくと加齢とともに薄毛の進行が進んでしまい、毛が無い部分が広がる恐れがあります。

それ故に、プロペシアなどの特効薬を使用して5α-還元酵素とテストステロンが結びつかないようにさせ、強制脱毛ホルモンによる抜け毛を防止する事がAGA治療には必要になって来ます。

尚、早めに治療を行う事でプロペシアの作用により毛周期が正しくなり、ミノキシジルと言う育毛剤を併用する事で発毛および育毛効果を期待する事が出来るようになります。