男性AGAだけじゃなく実は女性AGAもある

よく勘違いされることですが、女性の中にも男性ホルモンが分泌されています。男性も微量ですが女性ホルモンが分泌されており、女性だから女性ホルモンしか分泌されないわけではありません。そんな事情により、女性もAGAを発症することがあります。女性を示す英語であるfemaleから、最近はFAGAと呼ばれることも多くなりました。

AGAは男性ホルモンが酵素と結びつくことでジヒドロテストステロンが産生され、それが頭髪の育毛を阻み、十分に成長しないで抜け落ちてしまいます。これが女性にも起きます。ただ女性は少し異なることが指摘されています。女性ホルモンとして知られているエストロゲンは女性らしい体にする役割があり、このホルモンは頭髪の成長を促進させる効果があります。一般的に美容に関して良い働きをするホルモンですが、これが減少し、ジヒドロテストステロンが産生されるようなことになると、女性のAGAが促進されることになります。これが一般的な女性のAGAです。

治療法は男性と同じではないのが、FAGAの特徴です。男性は飲む育毛剤として画期的な役割を果たしているプロペシアを服用し、ジヒドロテストステロンの産生を抑えることができますが、女性はこの医薬品を服用することができません。妊娠中であると胎児の性器が奇形する恐れがありますので、服用してはいけない医薬品です。飲むのも禁止されていますが、触ることさえも禁忌されている医薬品ですので、一緒に女性と暮らしている男性は管理方法に気を付けなければなりません。女性のAGAの向き合い方はエストステロンを増やすことが選択され、食生活や女性ホルモンを増やすサプリメントで対処することが多いです。