正式名称とAGAになるという事はどういう事なのか

AGAという言葉をよく聞くようになりましたが、これは正式名称をAndorogeneticAlopeciaと言って男性型脱毛症の略称です。もし、このAGAになるとどうなるのかというと薄毛が進行していくことになります。症状が目立ち始めるのは、主に20代からであり、年齢を重ねるごとに薄毛が広がっていきます。最終的には額の広範囲、頭頂部の広範囲の髪の毛がほとんどない状態になります。なぜ、このような状態になるのかというと、まず、男性ホルモンの一種であるジヒドテストステロンというホルモンが毛母細胞と結びつくことによって、髪の毛の成長サイクルを悪化させてしまいます。通常の髪の毛の成長サイクルは、まず、産毛の状態から始まり、髪の毛が太く成長したら次の髪の毛に生え変わるというサイクルを繰り返しています。しかし、AGAになるとこのヘアサイクルが早くなってしまいます。髪の毛が産毛の状態で、その後成長する前に抜け落ちていってしまいます。このような髪の毛が増えてくると、産毛のような状態で、弱弱しく、細い髪の毛が多くなり、薄毛が目立つようになってきます。なぜ、髪の毛の成長が止まってしまうのかというと、ジヒドテストステロンが毛母細胞と結びつくことによって、髪の毛への栄養の供給をストップさせてしまうからであるということがわかっています。ですから、いくら食生活を改善しても、頭皮の血行をよくしてもそれほど薄毛の改善には効果がないということになります。もし、AGAを改善させるためには、現状としては髪の毛の成長を妨げているホルモンの働きを直接抑制さえる薬を服用するといった手段が最も有効的な手段であると考えられています。

■AGAに効果のあるジェネリック医薬品です
フィンペシアについて
■飲むAGA治療薬の代表格プロペシアを手に入れよう
プロペシア 通販